« 【ライブレポート】2007.6.15 絢香「ayaka LIVE TOUR 2007 “Peace loving・・・♥”」 | トップページ | 【ライブレポート】2007.7.5 コブクロ「KOBUKURO LIVE TOUR '07 “蕾”」 »

【ライブレポート】2007.7.1 コブクロ「KOBUKURO LIVE TOUR '07 “蕾”」

486499378_138 486499378_128

※この記事は他のサイトで2007年7月4日に書いたものです(少し修正)※

7月1日(日)にコブクロライブに行って来た。
総評としては、どれだけ盛り上がるねん!って感じ。

今回は初めて休日のライブということで、余裕を持って行けた。
遠くから来た人と行ったので、大阪城を案内して、それからライブに参戦。
早く行ったから、CUBEの展示車も見れたし、ツアートラックも見れて得した気分。

席はアリーナの後ろの方で、あまりよくない席ではあるけど、コブクロのライブって別に演出効果がすごいってわけでもないし、聴けたら十分ってとこがあるからあんまり気にならんかった。
aikoのライブやったら絶対いややけどね(笑)

まずは2人のアカペラから始まった新曲「どんな空でも」。
ミディアムテンポのいい感じの曲。
続いて「轍」「君という名の翼」。

初めのMC。
さすがコブクロ。
いつもどおりの爆笑トークで早速場内は盛り上がる。
黒ちゃん「今日は開演を1時間早くしてもらいました。」
小渕くん「嘘やん?」
黒ちゃん「嘘や。」

黒ちゃんは開演前から空回りしていて、反復横とび20分くらいやってたとか(笑)
黒ちゃんが「俺空回りかも」と言ったあとの小渕くんの名言「空回りも回転のうちやで」(←今回のテーマ?)

新曲「君色」はさわやかで、ほんとに好きになりそう。
曲調としては「million films」系かな。
早くCD音源として手に入れたいなあ。
「桜」「赤い糸」とインディーズ曲。
「赤い糸」は聴きたい曲の1つやったからうれしかったなあ。
アレンジ違いで、いつもツアーにも参加してくれてるストリングス隊が伴奏してくれたからさらに感動。

次のMCは珍しく(?)小渕君の真面目なコメントのみやった。

新曲「水面の蝶」ではまた新たなコブクロサウンドを見たような気がする。しぶくかっこいいと思った。
新曲「COIN」は、この前のファンフェスタで初めて聴いた曲で今日は2回目。
でも前はあまりピンとこなかったけど、今日はアレンジが完成されてて、これもいい曲やと思った。
「ここにしか咲かない花」はもはや定番かな?
コブクロを全国区に押し上げた曲の1つやからなあ。
全曲中たぶんハモリ部分が一番多い曲やから好き。

そして今度も小渕君の短いMC。
今日はどうしたんやろう。
歌う曲がそれだけ多いの?

新曲「white days」はバラード曲。
ライブって歌詞を完全には聴き取られへんけど、俺はもともと歌詞関係なく曲そのものを聴くタイプやから、十分にこの曲のよさは伝わってきた。
カラオケで熱唱したい曲やね(笑)
「夢唄」「蕾」と新旧の曲の競演。
古い曲の前には特に何も起こらないけど、新しい曲の前には歓声及び拍手が起こるのは、ライブに来てるのは新しいファン層が多いっていうのが顕著にわかる。
古い曲も知ってる者にとってはどっちも同じ曲の重さやねんけどね。

次のMCは、「蕾」に関しての小渕くんのコメントから始まった。
この曲はいつも優しく見守ってくれていた、亡くなった母親のことを想って書いた曲。
その曲を書くとき、迷っていた歌詞の部分を、黒ちゃんが見事に訂正してくれた、というエピソードを話していたときに一瞬涙ぐんだのがほんとに印象的やった。
おそらく会場の中でもらい泣きした人もいたんじゃないかなあ。
でもそのしんみりした直後に爆笑モードに戻した黒ちゃんもすごい(笑)
黒ちゃんの両親ネタは面白かった。
父親は酔っぱらったらいろんな動物を持って帰ってくるとか、母親は知らない間に飼っていた動物を人にあげて知らないふりをするとか。
って書いても面白さは伝わらんやろうけど。
あの話術、身に付けたいなあ(笑)
小渕くんは小渕くんで、飼ってた文鳥が300羽になったらしい。
とか、いろいろ15分くらい楽しいMCやったなあ。
そして会場全体でウェーブ。
端の方を見て黒ちゃんの言った「三角定規みたい」という発言を受けて、小渕君が「青い三角定規」を歌いながら、しかも西條秀樹や布袋寅泰のモノマネをしながら(笑)

ここからは圧巻の、盛り上がり曲連続5曲。
「ストリートのテーマ」、曲中には定番のスタンド・アリーナの掛け合い。
「彼方へ」の次は、久しぶりの黒ちゃんの新曲「月光」。
黒ちゃん楽曲の中で一番いいのでは!?
間髪入れず「LOVER'S SURF」「神風」。
「神風」では♪ハートの形のネオンがキラキラ♪もちゃんとできたよ(←マニアックな話。)
さすがにこれだけ連続でこられて最後に「神風」なんてもってこられると、盛り上がりすぎて死にそう。

これで本編終了。
アンコールでは今日唯一の残念な点が。
昔からアンコールの声掛けには「ストリートのテーマ」が使われてきたけど、最近のファンの人はその歌自体も知らんからあんまりみんな歌わんのに対して、近年誰かが始めた合間に入る「コブクロコール」の方はコブクロ!って叫ぶだけやからどんどんそっちの方が大きくなってきて、最後にはストリートのテーマがかすんでしまった。
長く続いてきた慣習が一瞬でかき消されるのはほんとに悲しくもあり腹立たしくもあった。

まあそれはいいとして、アンコールも新曲から。
新曲「Diary」もいい感じの曲。
今回は本当に新曲ラッシュやなあ。
全部で7曲も登場。
そしてその全てがすでに完成度が高く、どれがシングルになってもおかしくないくらい。
どの曲がどういう風に届けられるんやろうか。
最後は風見鶏でしっとり終演。

ほんとに最後の最後まで盛り上がり、すごくいいライブやった。
この盛り上がりは日曜日やから?
いつも満員やから曜日は関係ないか。
今日は大阪6daysの4日目やったけど、大阪最終日はどんな盛り上がりを見せるんやろう。
いずれにしても、コブクロのライブには今後もずっと行き続けるやろうと思う。


最後に今日のセットリスト。

1.どんな空でも(新曲)
2.轍-Street stroke-
3.君という名の翼
4.君色(新曲)
5.桜
6.赤い糸
7.水面の蝶(新曲)
8.COIN(新曲)
9.ここにしか咲かない花
10.white days(新曲)
11.夢唄
12.蕾
13.ストリートのテーマ
14.彼方へ
15.月光(新曲)
16.LOVER'S SURF
17.神風

~encore~
1.Diary(新曲)
2.風見鶏


ライブ終わってから考えてみると、今回のセットリストは新旧の差が激しいセットリストやと思う。

新曲7曲
(どんな空でも、君色、水面の蝶、COIN、white days、月光、Diary)
シングル新しい方から4曲
(蕾、君という名の翼、桜、ここにしか咲かない花)
最新シングルカップリング2曲
(彼方へ、風見鶏)
インディーズ4曲
(赤い糸、夢唄、ストリートのテーマ、神風)

あとは轍とLOVER'S SURFしか残らないなあ。
しかも本来は桜と轍はインディーズ曲やし。
インディーズ曲も広めていくのが目的!?

それなら次は「光」「Moon Light Party!!」あたりを聴きたいなあ。




↓クリックにご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログへ

|

« 【ライブレポート】2007.6.15 絢香「ayaka LIVE TOUR 2007 “Peace loving・・・♥”」 | トップページ | 【ライブレポート】2007.7.5 コブクロ「KOBUKURO LIVE TOUR '07 “蕾”」 »

♪ コブクロ ♪」カテゴリの記事

 【ライブレポート】」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500197/16874530

この記事へのトラックバック一覧です: 【ライブレポート】2007.7.1 コブクロ「KOBUKURO LIVE TOUR '07 “蕾”」:

« 【ライブレポート】2007.6.15 絢香「ayaka LIVE TOUR 2007 “Peace loving・・・♥”」 | トップページ | 【ライブレポート】2007.7.5 コブクロ「KOBUKURO LIVE TOUR '07 “蕾”」 »